Dell PowerEdge T105 の電源ユニットが壊れたので取り替えた話

2010年ごろに購入し、東京で 311 にも耐えた Dell PowerEdge T105。
Vmware Esxi 4.0 を入れて Solaris10U8 等を入れて遊んでいた。

地震後、心配だったので実家に移設しリモートで管理をしていたのだけど、2013年の秋にアクセスできなくなった。

んで、年末年始に実家に帰って原因調査。
症状としては電源ボタンを押しても無反応。

初めての体験だったのでどうしようかと思ったけど、下記のサイトを参考にまず電源ユニットを調査。
http://www.kvs.jp/archives/3156
http://www.kvs.jp/archives/3172
2013-12-30 18.23.48

試しに DELL Inspiron 530 の電源ユニットを差し込んで電源入れるとマザーボードの LED が点灯。
同じような症状だけど、ひょっとしてこのマシンは電源ユニットに不備があるのではないかしら。

壊れた電源ユニットを持って近所のエディオンに。
店員さんが細々対応してくれて勧められるままに Bull-Max2 520w を購入。
ついでに壊れている電源ユニットは引き取ってくれた。
2014-01-02 18.11.59

ネジ穴やサイズを気にしていたのだけど、ネジ穴は 4箇所とも一致しサイズは壊れたものより厚みが一回り小さい程度で問題なく入った。

無事 BIOS 画面まで起動した。
さすがに USBブートしておいたこれは Esxi はクラッシュしていたが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です