月別アーカイブ: 2013年6月

オープンウォーターを取得しました。

サウスピークを卒業してから6日間バカンス用に延泊を予定していたので、ダイビングライセンスの取得をすることにしました。

マクタン島のムーベンピックの横にある『Scuba World』にてオープンウォーター(以下、OW)のライセンス取得しました。
3日間かかり、毎日片道300ペソほどのタクシー代を払ってセブ市内から通いました。

ライセンスの取得費用は18000ペソちょっと。

メインのインストラクターはフィリピン人男性と日本人女性で、前者が実技、後者が座学担当でした。
また、前者はもちろん英語でしかコミュニケーションが取れないのである程度英語が聞き取れないと実技が進みません。

座学に関しては基本的には日本語でのDVDを見て日本語のテキストに回答するので問題は無いです。

今回は3日間でOWが取得できると聞いていましたが、ボクみたいに泳ぐことに抵抗がない人で3日間という意味だということでした。例えば、装備なしで10分間浮いていられるとか。

泳げない人や水に抵抗がある人だと3日間では収まらない場合があるとのことでした。
その場合はスキューバダイビング(以下、SD)の取得への切り替えや体験ダイビングに切り替えてもらうそうです。

また、語学留学で来ていて期間に余裕が無い人には出張で座学をしてもらって、実技を2日間だけしてもらうことも可能だそうです。
緊急で帰国しなければならない場合、実施期間分以外の費用は返却して途中まで進んだことを示すドキュメントを作成してくれるそうです。
そうすれば、別の国で途中から再開できるそうです。

とりあえず、いろいろと都合をつけてくれるそうなので毎週日曜日だけ通ってライセンス取得もできるそうです。
3日間で収まらなくても費用に変化はないそうです。

DCIM100GOPRO
ちなみに、ダイビング中は写真を撮ってくれていますが、写真代は1200ペソだそうです。
高いような気もするけど、自分がどのようにダイビングしているかを見られるのでいいかも。

サウスピークダイエット

海外での試合の経験から旅行中は常に体重計を携帯するようにしています。
今回のサウスピーク滞在の 8週間でも毎日寝る前に計量していました。

結果としては滞在中に 72kg だった体重が 64kg まで落ちました。
割合としては 1kg/week のダウンです。

実際の推移としては最初の3週間は 2kg 程度しか変化がなく、5月に入ってからみるみるうちに追加で 6kg 落ちてきました。
個人的な感覚ですが、背中の筋肉の盛り上がりがひと回り小さくなり、突き出たお腹が引っ込みつつあるのを感じます。

原因としては、下記の3点が大きかったと感じています。
・炭水化物と肉のみのフィリピン風の食事が体に合わなかった
・毎日決められた時間にキチンと食事を取っていた(朝食-0730、昼食-1200、夕食-1900)
・アルコールや菓子類を週に1回の頻度でしか摂取する機会がなかった

あと、4月下旬に10日間だけジムに通っていましたが、20min/day 走っていた程度なのであまり影響は無かったと感じています。

帰国後に健康診断を受けるので肝臓周りの脂肪や数値がどれだけ減っているの確認するのが楽しみです。

サウスピークを卒業しました。

フィリピンはセブ島にある語学学校のサウスピークに2ヶ月滞在していました。

フィリピン留学の動機

8年間ずっとプログラマをしつつ 2回転職をして 3社に所属してみました。
技術的な難易度の差があること以外はどこも同じだったように感じています。
そして責任者がいつも不明瞭なであることはどこに行っても変わりませんでした。

そんな日々の中で海外で働いている人のブログを見るようになり、個人の守備範囲が明確な環境が当たり前であることを知り、本当なのかどうか体験してみたいと考える様になりました。

そして、そのためには今まで放ったらかしていた英語を話せなければスタートラインに立てないと考え、英語の勉強を始めました。でも一人ではどうやって進めたらいいのか、そして集中して独習することができませんでした。

どうしたらいいのか悩んでいる中、フィリピンでは格安で英語を学ぶ環境があることを知り、いつか行ってみたいと考えるようになりました。

サウスピークを選んだ理由
もともと塾長の @Hal_j さんをフォローしていました。
2013年に入り、セブ島で語学学校を起業したというツイートを見て、ここだ!!と思いました。

塾長の文章構成やセンスから妥協を許さないクソ真面目な性格だと思っていました。
そういう人の語学学校ならクソ真面目に勉強できる環境が提供されると考え、サウスピークを選択しました。

サウスピークでどのような事前学習を行うのか
事前学習として、基本的な文法書の読込や聞込みを複数回行うように指示されました。
しかしながら、自分はやはり怠惰で1回しかやりませんでした。

やらなければと思いつつ、怠惰に過ごしてしまう自分のようなタイプの人はたくさんいると思います。
そうだと自覚しつつ、これからサウスピークを留学先に選択しようとしている人は、可能な限り長期滞在してください。

最低3ヶ月、できることなら6ヶ月ほどを。
勉強しかやることがない環境で240h/m を 何ヶ月か。
長い人生の中のほんの数ヶ月を英語に投資するだけで話せるようになる考えればお得だと感じています。
私は2ヶ月しか滞在できませんでしたが、また来たいと考えています。

サウスピークでの成果
結局この2ヶ月のサウスピーク滞在(4/7 – 6/1)で431.5時間勉強しました。1日平均だと8時間弱ですね。
日本にいたら、自分一人だったら決してできない英語の勉強をこれだけ出来たので、とりあえず満足。

個人的な感覚としては、相手にゆっくり話してもらえば何とか会話が成立する程度です。
以前よりも改善された点は発音と語彙、表現が増えたことですね。

そうは言っても英語を身につけるには全然時間が足りていません。
後は帰国後にどれだけ継続して勉強するかですね。

自己学習を行うことの大切さと、卒業前に今後の学習方針について面談させてもらったので帰国してからも学習していける考えています。